« 絵文字のトライアル | トップページ | 動画配信テスト2 »

2006年10月28日 (土)

動画の利用方法

動画がアップできると、なかなか例会に参加できない人にも、メリットが出てきますね。

例えば、この動画、見ていただくと、ピアノ弾きの方などから、色々コメントいただけると思います。

        「test01.wmv」をダウンロード

少し前の録画ですが、左手の動きがきこちないですね。ポジションが高すぎていたのです。それがかなり左手に負担を強いていたみたいで、・・・・早く気付けば良かった(涙

by Tanaka@神奈川西部

  

|

« 絵文字のトライアル | トップページ | 動画配信テスト2 »

コメント

私はピアノには全く疎いので弾き方に関するコメントはできないのですが・・・

面白い動画ですね!真上から撮っていますが、これどうやって撮ったのですか?そちらの方がすごく興味深いです。wmvの拡張子になっていますが、何で撮ったらこのファイル形式になるんですか?
私のカメラの動画機能ではaviになります。前もっていたやつではmpgでした。

ファイルサイズ小さいのに、画質も音もいいですね!

・・・なんだかオタクっぽいコメント・・・

投稿: ぬる@Flute | 2006年10月29日 (日) 00時14分

まず、撮影方法ですが、ピアノ室の天井の石膏ボードにモリーアンカーという石膏ボード用のアンカーボルトを打ち、そのネジを使って小さな三脚を自作の部品で固定しています。この三脚に、撮りたいときに、デジタルムービーを取り付けます。この例で使ったムービーはSONYの初期の機種ですが、マイクに相当のノイズが入るようになったので、マイクは5000円くらいの外付け用マイクで収録しています。

次に、動画のファイル形式ですが、aviは一番避けたいです。ビットマップをそのまま何枚も並べたような形式なので、容量が大きくなり、私のような、通信環境の悪い地域では、オンラインでの再生は不可能です。

この録画で使用したムービーはデジタルです。s400というコネクタでパソコンに取り込むと、動画として取り込むことが出来ます。
色々な動画処理ソフトがありますが、この例は、ムービーメーカーというWINDOWSのXPに標準で付属しているソフトを用いたと思います。
処理ソフトでは容量と画質が選べます。
ステレオ、高音質、CD相当・・・という設定を選べばクリアな音になります。

私は以前はGV-MPEG2というI/O DATAのPCIボードを用いてアナログで取り込んでいました。これで一旦MP3に変換し、ホームページビルダーに付属しているウエブビデオスタジオにてWMVに変換してました。この変換に1時間くらいかかってましたが、今のXPマシンは、デジタルムービーから取り込んで1分くらいで完成します。

なお、XPのムービーメーカーは、取り込んだファイルも変換できるので、塗木さんがアップして頂いているaviも変換できると思います。

投稿: Tanaka@神奈川西部 | 2006年10月29日 (日) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動画の利用方法:

« 絵文字のトライアル | トップページ | 動画配信テスト2 »