« 東横でクリスマス・イヴイヴ | トップページ | ごんじいの蓼科便り »

2006年12月25日 (月)

五線紙のプレゼント

少し前の事ですが、東横線例会に参加した時に、ピアノの石○さんから、五線紙を頂きました。なんでも、以前何かに使おうと買ったものだけど用途が無かったから有効利用できる人に渡したいと思っていたそうです。

受け取ってみると、B5サイズながら、上質の紙で出来ていて、なかなか良い物です。

せっかくなら活用しようと、小ぶりを生かして通勤バッグに入れました。すると・・・・・。

by Tanaka@神奈川西部

私は、毎日新幹線などを使って通勤しています。往復で実に3~4時間も電車などの中にいる、という生活です。1日が24時間で、睡眠・食事等の必須時間を除くと実質16時間。その1/4が通勤というわけです。

最初はこの時間が無駄に思えました。しかし、電車は合計で3種類、かつ、それぞれの乗り継ぎがあり、更に、最終駅から職場までの移動がある。それぞれに、メニューを決めて割り付けてやれば、結構楽しいかも・・・・・。

実際、毎日規則正しく運動が出来ている(階段の意図的なダッシュなど・・)ので、結構健脚になり、贅肉も減りました。

また、沢山の読書時間が出来ました。この「新幹線講座」で読んだ本は、通勤始めたこの3年間で○○冊になります。

語学もやりました。ある電車の中では、会話の練習をします。僅か10分たらずですが、毎日やると結構蓄積になるのです。窓に写った自分に向かって、無声で話すのですが、周囲には、少し危ない人に見えているかもしれませんね(笑)

そして、最近は、「新幹線講座」に、この五線紙が参加したのです。

五線紙って、ただ見ているだけでも綺麗ですね。表紙も綺麗だし、五線そのものも独特の美を持っている・・・・。音符が無いので、想像が膨らます。かつて「あなたが書く本」という白いページのみの本が話題となり、日記など書く人が急増したそうですね。「あるはず」のものが無い・・・これは一つの想像力活性化手段なのかもしれません。

試しに、縦線を引いて8分割してみると、音符が書きたくなります。

頭に浮かんだ、旋律を2小節のテーマとして書き込みます。このテーマは、主音(または)属音から始めます。そして主音または3度音(時として属音)で終わるように書きます。また、リズムの要素を幾つか忍ばせておきます。

このたった2小節の「卵」を作ってしまうと、その後は、・・・・・、ここがクラシック音楽の素晴らしいところですが、先人達が長年の間に作り上げてきたノウハウの塊である、「規則」というのがあり、この「規則」をガイドとして、パズルを解いていくと、自然に、美しい音楽に、変貌していきます・・・・・本当に、パズルですね!!!

熱中しすぎると、乗り過ごしそうです(笑)

その楽譜ですが・・・・おっと、のだめカンタービレ始まったので、一時停止!

失礼しました。

楽譜と音声サンプルをアップします。(どう使って頂いても結構です)

(ヤマハミュージックの新総合音楽講座3 複旋律作法 を参照してます)

楽譜データ(4曲入です)

                      A013icn  「piece_c_m_1.pdf」をダウンロード

音声サンプル

             二曲目(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ  の フーガ)

                    「102_fuga01.mp3」をダウンロード

             三曲目(フルート、クラリネット、バスーン の フーガ)

                    「103_fuga02.mp3」をダウンロード

|

« 東横でクリスマス・イヴイヴ | トップページ | ごんじいの蓼科便り »

コメント

忘れた頃のコメントで申し訳ありませんが・・・

通勤途上で作ったとは思えない素晴らしい出来ですね!せっかくフルートが入っているし、何かの機会に演奏できないかな~と思っていたら、早速BBSコンで取り上げたいって書いてありましたね。考えることは同じ。。。そう言えば、BBSコンはもうすぐ、1月8日の予定でしたね。
楽譜や音声サンプルは何で作っているんですか?どちらも曲の内容同等、素晴らしい出来ですね。ピアノを弾いている動画といい、色んな技術に精通されているんですねぇ!

投稿: ぬる@Flute | 2007年1月 7日 (日) 01時10分

コメントありがどうございます。
さきほど帰国しました。これからまた通勤が始まります。「通勤音楽」お楽しみに(笑

楽譜はご自由にお使いくださいね!

投稿: tanaka | 2007年1月 9日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五線紙のプレゼント:

« 東横でクリスマス・イヴイヴ | トップページ | ごんじいの蓼科便り »