« 名古屋室内楽を楽しむ会火曜組2/27活動報告 | トップページ | 音のイメージ »

2007年3月15日 (木)

小林研一郎先生

すっかり「音楽雑談」ごぶさたしてますね。先月は中国行ったり、確定申告したり、国内あちこち飛び回っていて、なかなかここに接続できませんでした(と言い訳しておこう)。中国からだと、自分のメールもspamフィルターでトラップされたりしました(笑

ところで、昨晩は、小林研一郎先生の、第九練習会でした。

秋から、お弟子さんの○○先生に指導頂いて、前回までにかなり仕上がった所で

初めて小林先生に来て頂きました。すると・・・・。  tanaka@神奈川西部

「皆さん、緊張しないように、いつものようにリラックスして!  ああ、顔が怖いですよ!」と○○先生。そういいながら振るのだけど、一番緊張して怖い顔になっているのは、実は○○先生でした。そして次に緊張して、指揮の打点からずれたまま弾いているのが、△△先生。そのため、大変歌いづらく、声をぶつけ合っているような歌い方になっていました。

その様子を見ていた小林先生、ここからは私にやらせて、と式台に上がると、楽譜は要らないから、私が見えるように立ってちょうだい! と言って、素手で振り始めました。

しかし次の瞬間その手をすぐに止めて、ピアノの△△先生に、君が合ってない、と注意! この瞬間、シーンと緊張が走りました。しかし、その後の見事なこと。

けっしてテクニカルな話はせずに、とにかく、どんな音楽にしたいのかを、大変わかりやすく説明してくれます。一回ごとに、グンと良くなっていく・・・。

時には、ご自分でピアノ弾きながら、時には、ご自分で歌って聞かせながら、とにかく、音楽とはどういうものか、熱く語って頂く・・・・・。

怖い先生、厳しい先生と聞いてしましたが、その表現は正しくない・・・・音楽に忠実なだけだ、と思いました。

次の練習は日曜日。今度はホールステージでオケと合わせます。どうなるか楽しみです。

|

« 名古屋室内楽を楽しむ会火曜組2/27活動報告 | トップページ | 音のイメージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林研一郎先生:

« 名古屋室内楽を楽しむ会火曜組2/27活動報告 | トップページ | 音のイメージ »