« 4月の最終日 | トップページ | 作曲家の「色」 »

2007年5月 3日 (木)

ベルリン・フィル125周年

最も室内楽的であって、且つ最も室内楽的でないオーケストラ、
1882年に発足したベルリン・フィルのニュース映像が見られます。
http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,2462688,00.html
のページは、ナチ体制下で当楽団の果たした役割を解明する新刊本の紹介ですが、
右端列のほぼ中央にVideosの文字とオーケストラの写真があります。
下の各題を押すと映像ファイルが開きます。
3つのどれも2、3分の長さです。
音声はドイツ語ですが、よろしければご覧下さい。

125 Jahre Berliner Philharmoniker
Video: Die Geschichte der Berliner Philharmoniker
 ベルリン・フィルの歴史
Video: Neues Projekt: Tanz und Musik
 新企画:ダンスと音楽
 (一昨年日本でも公開された映画『ベルリン・フィルと子どもたち』で取り上げられた企画の続編です)
Video: Kontrabassist Klaus Stoll erinnert sich
 コントラバス第一ソロ奏者クラウス・シュトルの回想
 (元チェロ首席奏者のイェルク・バウマンとの二重奏で有名です)

ぴかちゅ

|

« 4月の最終日 | トップページ | 作曲家の「色」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・フィル125周年:

« 4月の最終日 | トップページ | 作曲家の「色」 »