« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

デザイン変えました

長らく「ふりふりわんこ」のデザインを愛用しておりましたが、だいぶ長いこと使いましたので、久しぶりにデザインをリフレッシュしてみました。
しばらく見ていないと、デザインテンプレートも色々増えていましたので、ちょっと迷いましたが、ノーブルな(?)イメージの本にしてみました。

もしも「見づらい」とか「趣味わる~!」とか、クレームがございましたら、この記事にコメントしてください。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

弦楽4重奏の会

5月18日(土)の例会の報告です。時間は、13:00~17:00。場所は、エイパクラブ室でした。参加者は、Vn.:S.I.  K.H.  Va.:E.H.  Vc.:S.K. でした。曲は、Haydn Op.50-2 C-dur, Mozart .V.421 d-moll の2曲。それぞれ、難しい曲でしたが楽しめたのではないでしょうか。Haydnは、Vc.:S.K.のリクエスト。3月のOp.50-1B-durに続き、Op.50の2曲目。念願が叶って、うれしかったです。次は、Op.50-3 Es-dur。Mozartの方は、有名な曲。難所がいくつもありますが、少し丁寧に練習したりして、録音をとりました。Haydnもです。初めて、弦楽4重奏の会で録音をとりました。何回も聞き直していますが、自分の課題が見えてきます。そのうち、お聴かせできるような音を録りたいと思っています。

 今回は、雰囲気を伝える写真を掲載します。来月は、21日(土)13:00~17:00、エイパクラブ室です。久しぶりに、2組成立しそうです。Vc.お一人分空いています。今月に続き、世話人は林英治さんです。Vc.のみなさん、参加希望はお早めに。eijihaya-2@coffee.ocn.ne.jp

200851819_001_2

続きを読む "弦楽4重奏の会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

東横例会春の発表会

おだかやかな春の日差しの中、いつもの坂道を登って東横例会の発表会を聴いてきました。室内楽歴ウン十年のベテランも昨年秋に「例会デビュー」を果たし、室内楽の世界に足を踏み入れた新人も入り混じっての発表会、かなり長期間取り組んだなという感じの演奏もあれば、「それなりに」練習したなって感じの演奏もありましたが、聴いている方も楽しめる発表会でした。 Ensou1_2
それにしても「もうすぐ後期高齢者」(本人談)という皆様のバイタリティのすごいこと。時間に余裕があると言ってしまえばそれまでですが、練習量が半端ではない。「最近は指が回らなくなってきたので毎日3時間弾いている」とか「練習しすぎて腱鞘炎になりかけたので、本番に向けて最近は練習を減らした」なんて話を聞くとただただ脱帽!
実は今回の出演団体の中にいわゆる「初心者カルテット」というのがありましたが、「しかるべきお年」になって楽器を始めた皆様がモーツアルトのK171の弦楽四重奏曲を演奏したのですが、堂々たる姿といかにも「丁寧に練習した」ことが伝わってくる演奏にも感動! Zenninn
「楽器っていくつになっても上達するんだな」という思いと出演した皆様のエネルギーをいただいて帰宅しました。
※その他のエピソードは近日公開予定の東横例会のブログを乞うご期待! 

(パブロン・カゼデス)Uchiage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

懐かしのフルート

ただいま新幹線で、あるところに向かっています。
今朝ある楽器屋さんのHPを見ていたら、フルートの現物が試奏できるとか

そもそもこの騒ぎ、娘がハープを始めたのがきっかけです。ご存知のとうり、ハープといえばフルートと大変相性が良い楽器です。昨年書いた小品集にも、この組み合わせのものがあり、それを思い出して自分でも吹きたくなりました。確か、20年くらい前に知人が1本置いていったことが有りました。その知人、「何か楽器ができたらいいなと思って、買ってみたが、全く吹けなかったので君が活用できるなら差し上げるよ」と言ってました。当時は吹けない事情があって、そのまま棚にしまっておきました。発掘して吹いた見たのですが・・・・・

by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "懐かしのフルート"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

ラ・フォル・ジュルネのマスタークラス

フランスの港町ナントで95年に誕生した「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」は、2005年にベートーベンで日本に上陸。東京の国際フォーラムを会場に5日間、一昨年はモーツアルトで70万人、昨年は民族のハーモニーをテーマに100万人が来場したとか、いまやGWの都心の風物詩となっています。

今年のテーマはシューベルト、会期中は朝9時から夜11時まで、400以上の公演やイベントがあります。1公演は45分で値段は1500円から最高3000円ですが、5000席ある巨大なホールAを除きチケットの購入は容易でなく、発売日を待ち構えてインターネットや電話で申し込みます。

Apa-bbsではTさんのレポートや、メーリングではFさんのレポートもありますが、有料チケットの半券の提示で入場できるマスタークラスを中心に楽しみましたので、行けなかった方や、ご存知なかった方々におすそ分けです。

by M.Nagata

続きを読む "ラ・フォル・ジュルネのマスタークラス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

東横例会春の発表会(お知らせ)

東横例会春の発表会のお知らせです。
会場はCM撮影などにも使われる由緒ある洋館で、駅からの坂道を歩けば、メタボ解消にもちょっとだけ、役立つかもしれません。
ぜひ、おいで下さい。

    

5月18日(日) 1時開演(12時45分開場)
    大倉山記念館ホール(東急東横線 大倉山駅下車7分丘の上)

<プログラム>
1.ベートーベン ピアノ三重奏曲 第3番 作品1-3から第1楽章 
2.モーツァルト 弦楽四重奏曲 第11番 K171
3.ハイドン 弦楽四重奏曲 作品50-1から第1,2,4楽章
4.ドヴォルザーク ピアノ三重奏曲 第2番 作品26から第1,2楽章
5.ハイドン 弦楽四重奏曲 作品74-3 「騎士」
6.ショスタコビィッチ  ピアノ三重奏曲 第2番 作品67から第1,2,3楽章
7.ベートーベン 弦楽四重奏曲 第3番 作品18-3から第1,2,4楽章
8.ハイドン 弦楽四重奏曲 第77番 作品76-3 「皇帝」から第1,2楽章
9.ブラームス 弦楽六重奏曲 第1番 作品18から第1,2楽章
10.ドホナーニ 六重奏曲 作品37から第1,2楽章
11.グリーグ 過ぎし日、ノルウェーの旋律(東横線例会オーケストラ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »