« 懐かしのフルート | トップページ | 弦楽4重奏の会 »

2008年5月19日 (月)

東横例会春の発表会

おだかやかな春の日差しの中、いつもの坂道を登って東横例会の発表会を聴いてきました。室内楽歴ウン十年のベテランも昨年秋に「例会デビュー」を果たし、室内楽の世界に足を踏み入れた新人も入り混じっての発表会、かなり長期間取り組んだなという感じの演奏もあれば、「それなりに」練習したなって感じの演奏もありましたが、聴いている方も楽しめる発表会でした。 Ensou1_2
それにしても「もうすぐ後期高齢者」(本人談)という皆様のバイタリティのすごいこと。時間に余裕があると言ってしまえばそれまでですが、練習量が半端ではない。「最近は指が回らなくなってきたので毎日3時間弾いている」とか「練習しすぎて腱鞘炎になりかけたので、本番に向けて最近は練習を減らした」なんて話を聞くとただただ脱帽!
実は今回の出演団体の中にいわゆる「初心者カルテット」というのがありましたが、「しかるべきお年」になって楽器を始めた皆様がモーツアルトのK171の弦楽四重奏曲を演奏したのですが、堂々たる姿といかにも「丁寧に練習した」ことが伝わってくる演奏にも感動! Zenninn
「楽器っていくつになっても上達するんだな」という思いと出演した皆様のエネルギーをいただいて帰宅しました。
※その他のエピソードは近日公開予定の東横例会のブログを乞うご期待! 

(パブロン・カゼデス)Uchiage

|

« 懐かしのフルート | トップページ | 弦楽4重奏の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東横例会春の発表会:

« 懐かしのフルート | トップページ | 弦楽4重奏の会 »