« 第3回APA大蔵山コンサートに参加して | トップページ | 「ヴァイオリンの会」について »

2008年7月 2日 (水)

第3回大倉山コンサート

APAフルートの馬渕です。三浦さんの主催する大倉山コンサートにAPAのフルート仲間四人で参加しました。

参加のきっかけは、CDで聴いた、日本のオケの若手トップメンバーによるフルートカルテットの演奏に惚れ込み、何時かこんな演奏をしてみたいと思っていた矢先、主催者の三浦さんより”全楽章演奏を基本とするコンサートへの参加募集”の案内をもらい、チャンスとばかり、自分の非力も省みず、しかもメンバーも曲目も決まってないのに応募してしまいました。

ベルトミュー、ダマーズという管楽器以外には馴染みの少ない作曲家のフルート四重奏曲というマイナーな選曲に対しコンサートの成功を危ぶむ三浦さんを、心配しないでとあれやこれや御託を並べて説得して承諾を得、フルート仲間の高下さん、浅海さん、渡辺さんの参加も取り付け、楽譜も購入し、準備を整えました。

コンサート本番は、アンケート結果を見ると、全体としては他の三組のアンサンブルの立派な出来栄えで好評でしたが、残念ながら私達の演奏は、いまいちだったようです。自分達にも見に覚えがあり当然なのです。がしかし、これにへこたれることなく、この急造のアンサンブルを固定化したものにしてステップアップを目指そうと四人で話し合っています。

手作りで企画運営してくださった三浦さんはじめ、多くの方々のお陰で、暖かい雰囲気のコンサートになりました。演奏の機会を与えてくださった事を大変感謝しています。

|

« 第3回APA大蔵山コンサートに参加して | トップページ | 「ヴァイオリンの会」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回大倉山コンサート:

« 第3回APA大蔵山コンサートに参加して | トップページ | 「ヴァイオリンの会」について »