« 国際弦楽四重奏フェスティバル&ワークショップ終わる | トップページ | ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景> »

2010年7月10日 (土)

ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景>

     090613_122436

実家の庭に  

若いカエデが

ありました。

よく知られているカエデとは

少し雰囲気の違う木・・    

今日の"音楽雑談"の舞台

茅野市民館の庭では、

沢山の"カエデ"たちが

美しい"新緑"のハーモニーで出迎えてくれます。

.

.

この木"ノルウエー・カエデ"と言うんですね。

.

.

今年で4回目を迎えた、APA bbs コンサート in 蓼科 について

裏方さんの目線(たぶん・・?)で、書いてみます。

(あくまで「個人の感想」です。公式にはこちらをご覧ください↓)

http://groups.yahoo.co.jp/group/apa-bbs/message/513

まずは準備の様子から・・・・・・

  Tanaka@神奈川県西部

.

.

●食卓に並んだ楽譜たち・・・・・

A005

名古屋のまこちんさんから問合わせ

 「2箇所Solo指示ありますが、

  終点はどこでしょうか?」

これも含め、他に誤りがないか確認中なのです。

すると二女がやってきて「私の原稿は?」と聞きます。

 「ああ、下敷きになっていた(汗)、ゴメンゴメン。」

あの子も明日が演劇の本番です。直前でセリフを変更したとかで、最終段階の追い込みメールが飛び交っているようです、・・・・、そう言えば、この光景子供の頃にもみました。

.

.

●少年期の「手作り」音楽

 小さなアンサンブルクラブに所属していた私は、演奏会前は楽譜の準備に忙しく、

    夜手直しして朝練でやってみて、

       授業中に(内職で)手直ししたのを、

                    夕練でまた確認、

 という事を繰り返していました。

 広い机が無かったので食卓に並べて見ていると、兄がやって来て「俺の原稿は?」・・・。

このアンサンブルクラブ、予算が無い、楽器が無い、テクニックが無い、の「3N」クラブ(汗。

曲は耳コピーがベースで、やりながら修正して仕上げていきます。

響きがおかしいところ(○○学とか○○法を知りませんでした)と、

テクニック不足で事故率が高い部分などの手直しが中心ですが、

楽器のトラブルに対処する事もありました。

楽器は古くて壊れかけたものが多く

本番までどうなるか解らない、文字どうりドキドキする追い込みですが、

そのうちにワクワクに変化し、

それが楽しみとなって、色々なものをやるようになりました。

一人上手なメンバーがいましたので、ソロをやってもらってコンチェルトグロッソ風とか、

部員をステージ慣れさせるために、色々な学校行事にBGM風に参加するとか、

一つ下の学年にピアノが達者な子がいて、ピアノとコラボとか・・・。

一番規模が大きかったものは合唱入式典音楽だったでしょうか。

(ウン十年経った今になって役立つなんて・・・・笑)

.

.

●「ごんじい」さんは”ごんぎつね”に登場するお爺さん!?

4年前の事ですが、

APA-BBSを運営されているブラキチさんよりBBSコンサートについて相談が来ました。

  第二回を蓼科でやる予定、

  蓼科には「ごんじい」(=G-CLEFのU松さん)さんがいて事務局をやってくれる

  一人では手が足りない、手伝ってくれないか?

というものでした。

私は当時「ごんじい」さんにお会いしたことがなくて、

新美南吉作の児童文学「ごんぎつね」のシーンをイメージして、

かなりのお歳の方だと勝手に想像していました。

そういう方が懸命にやっておられるのだから何か私で出来ることがあれば、

とお引き受けする事にしました。

さしあたって必要なのはステージ全体をやりくりするステマネ・トップと、

地元結成の合唱団の指揮との事。

ステマネなるもの経験なくて全くどうやっていいかわからないので

段取りなどご相談しようと、メールでこの"おじい"さんに連絡してみると、

驚いた事にメールのレスポンスの早いこと!!

とにかく、すぐに返事が来ます。

更に驚きは、

 合唱の伴奏を弦楽合奏でやれるようにピアノ伴奏譜を"因数分解"して楽譜描いてみた

 チェックをお願いしたい

と楽譜がメールに添付されていた事です。ハイテク機器を使いこなしておられる!?

譜面拝見しますと良くできています。

全体の構成を変える必要はなく、

音が抜けていたり打ち間違っていたりする部分の手直しで充分なくらい高い完成度となっています。

これに、和声学的な手直しをした後、コンサート当日をイメージして色づけなどを行います。

その後、デモ演奏mp3を作り、

それをお送りして聴いて頂いて(オーディオファイルも問題なく再生できるとの事)確認後、

OKならパート譜と合唱練習用mp3を作る、という手順を踏んでいきます。

合唱のみなさんにも、このmp3を聴いていただき

イメージをあわせておきます・・。

こういうやりとりを事前に何度か行い、いよいよ演奏会の前日、準備のためG-CLEFを訪問しました。

  玄関ドアに近づくと、中からエネルギーに満ちた素敵な方が現れました。

  私「こんにちわ、田中です」

  U「はじめまして、”ごんじい” です」

  私「え・・・・・!? (^-^;」

  おじいさんではなかった~(爆笑)。

単なる私の早とちりだったのですが、そのお陰で、BBSin蓼科にどっぷりと漬かる事になりましたし(汗)、

準備の手順がすっかり整いました((o^-^o)。

.

●今年は4回目・・

今年の選曲は

  シャルパンティエの「真夜中のミサ」

です (茅野市の合唱団「エイトの会」Aさん選曲)。

ピアノ伴奏の合唱譜から「ごんじい」さんが、"因数分解"して弦楽パートを起こした楽譜を作り、

私がそれをチェックしつつ、今年の編成を考慮した色づけを行って仕上げる、

というのが予定した手順です。

しかし、今年は、少し予定外の事もありました。

今年は諏訪地区は7年の1度のお祭りに沸いていて、その関係で"因数分解"が多少遅くなり、

また私がウイークデイに殆ど手がつけられなかった事

(最近は平日夜は疲労してて筆が取れない・・・体力落ちたな~!^^)で遅くなり、

参加メンバーに合わせて直前に楽器の組み合わせを変更した事等で、

仕上がりがギリギリになってしまいました(汗。

●ステマネ準備  

ステージをどうやりくりするかをイメージしておくこともとても大切です。

演奏される方が、半分くらい、初対面であるのに加え

ステージのお手伝いをお願いしている地位ボランティアの皆さんも

”初対面”

しかも、当日朝、お会いしたら、直ぐにゲネとなります。

言葉で細かく説明していくより、とても効果的なものは

 ”絵を描く”事です。

当日の”進行表”は「ごんじい」さんが準備いただいているので

それに併せて、配置をどうするか、図面を準備しておきます。

Stage01

茅野市民館のホームページにアクセスすると、

ホールの図面が出てきますので

その図面から、

ステージ部分を切り出して使います。

Stage02_3

Stage03_2各演目ごとに配置案を書いておいて

 リハの様子で修正します。

 おおまかにいって

 Pトリオ型、カルテット型、Pクインテット型

 と、全員合奏型に分類できるので

 4色のテープを準備しておいて

 「場ミリ」というマークを床に付けます。

この「場ミリ」という言葉、ステマネ補佐のAさんに教えて頂きました。

配置場所を見るマーク → 場を見るマーク → 場見る → 場ミリ

と変化して出来た言葉で

椅子だと、四足のうちの2つの位置に、L型のものを貼り

譜面台だと、中心に、十字のものを貼るそうです。

なるほど・・・・・・!                            

●パッキング

Bag_i ステージの配置図や、

当日の進行表なども印刷して、

この"仕事Bag"という名のキャスターバッグに

秩序良く詰め込んでいきます。

当日は色々な突発が予想されます。

「楽譜忘れました」とか

「パート入れ替えましょう」とか

「配置変更しませんか」とか・・

このバッグは、ケースに応じて、図面や楽譜がさっと取り出せます。

しかも、非力な私でも運べるようタイヤがついています。

重宝してます。

Bags_2

衣装とフルートケースも

隣に待機させて、

「明日朝積み込んであげるよ

        ~お休みなさい!」

 (アヒルと自転車はお留守番です・・・・笑)

 

(続く)

.

.

◆◆◆番外編◆◆◆

●22インチの大画面パソコン(WinXP)

   Gw

使用しているソフトが相当重たいので

要求仕様に合わせて、カスタマイズしたPC(当時最強)

CPUもダブルコアで高速だし、メモリは4GB、HDDは500MB

画面は縦にも横にもできて、楽器編成により縦横使い分けるつもりでした・・・。

.

.

・・・しかし

楽譜作成目的では殆ど使ったことがありません(汗

(隣にプリンタがあるので年賀状には使いますが~笑)

.

ちなみに、この部屋、私の”書斎”です。

”書斎”であるからには、と、書棚、PC、プリンタ、机、ピアノ、楽譜棚、FAX・・・・

あらゆるものが揃っていて、二重窓、強化フロア、空調も、照明も、、、、、

しかし、物置同然です。

私には”書斎”なるもの、マッチしてないようです(苦笑

 

.

●モバイルPC(WinXP)

Vio_2 CPUは1.2G、

メモリは1Gしかありません。

少し能力不足で

時々トラブルが出ましたが、

コツを掴んで、

かなり使いました。

.

.

  ♪柔らかい陽射しの日は天窓の下で、

  ♪出張の時は新幹線や飛行機の中で

  ♪買い物に付き合っているときは、ロビーのベンチで・・・・・・

"どこにでも持ち出せる"というのが私にとっては一番大切なことだとわかりました。

皆さんとのメールでの摺り合わせも、このPCで行いました。

配置図などもこれで作成しました。

つまり、

  真の裏方さんは、

        このPCですね(笑)

赤い→のところ(左手、右手、右親指位置)は相当摩耗してますね。

.

.

●モバイルPC(Win7)

A003

現在はこのマシンに移行してます。

充分な能力で快適に動きます。

キーボードに、楽譜作成用のコマンドと

多言語用の表記があるので

家族は使えないみたいです。

 

   「普通に打ったら変な文字が出た~」という騒ぎが起きますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

|

« 国際弦楽四重奏フェスティバル&ワークショップ終わる | トップページ | ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景>:

« 国際弦楽四重奏フェスティバル&ワークショップ終わる | トップページ | ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景> »