« ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景> | トップページ | ピアノ入り室内公開レッスン速報 »

2010年8月22日 (日)

ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景>

A002_2ただ今ランチ中です

美味しそうな

オムライスでしょ?

茅野駅で、

『食ベログ』

使って検索すると、

 ”半径500メートル以内に五つ星のレストラン”

よし行って見よう・・・

と美味しいものに誘われて入ったのが、ここレストラン「アンダンテ」

Photo001pn2_3

ただ美味しいだけでなく景色も美しい・・・・・あれ?

どこかで見た風景ですね。

「美味しい」話も、良い音楽には大事だな、と感じてまして・・・・

(それとも単に食いしん坊 ? 笑)

さて、お腹が一杯になったところで、茅野市民館での二日間について書いてみます。

最後まで付き合ってくださいね~!!

Tanaka@神奈川県西部

.

●舞台裏と言う「舞台」

ところで

皆さんもの中には舞台裏に入った事がない、と言う方もおられると思います。

私たち裏方の「舞台」である舞台裏をご案内しましょう。

舞台経験がある皆さんもお付き合いください。

市民館のホール舞台裏はこの様になっています。

2draw_3

.

.

.

.

.

.

色が付いたエリアが舞台裏と、楽屋など、私たち裏方の活動エリアとなります。

  黄色・・・・・・・・・・舞台裏(右側が下手側袖、左側が上手側袖) 

  水色・・・・・・・・・・廊下

  オレンジ大・・・・・アトリエ(練習に使います)

  オレンジ小・・・・・スタジオ(練習に使います)

  緑大・・・・・・・・・・控え室 真ん中に仕切りがあり、左側が男性、右側が女性

  緑小・・・・・・・・・・控え室 主として女性用の更衣室

出演時間が近づいてもメンバーが揃っていない場合など

この廊下を走って呼びに行きます。

フラットで走りやすい廊下で助かりますね・・・。

.

.

●見学ツアー

せっかくですから、廊下を歩いてみましょうか!

みんな~、下手側舞台袖に集合~~!!

1001

ここがステマネの立位置です。

写真は真っ暗でよく見えまんが

アナウンスさんの机と、

ベルスイッチと、

インターホンがあります。

またステージマイクも見えますね。

それから左側に、ステージドアがあります。

このドアは、閉じると、音が殆ど漏れません。

多くのホールでは、ステージ袖とステージの間は、

吊壁で仕切られているため、

ステージ袖の音は、客席に聞こえてしまいますし

舞台裏側も、歩いているのが、お客さんにわかったりします。

しかし、このホールは、完全に壁で仕切られていて

使いやすいです。

さて、歩いてみましょう。

1002

ステージの裏側の

通路です。

右側に

黒いカーテンが

見ますね。

私は

演奏中は、

このカーテンのところに立っています。

もう一歩進むと

だいぶ明るいです。

1003

左手には大きな窓があり

中庭が見えます。

右手は

ステージ背面の壁で

壁の中央には、

搬出用のドアがあります。

左手にある台車は譜面台専用

ステマネ補佐の皆さんが

これをコロコロ押していって、

さっと、ステージをセットアップします。

1004

ステージ裏手には、

楽器をスタンバイできるよう

ガラスで仕切られた

小部屋があります。

本番前には

みなさん

ココで

楽器を調えます。

更に進むと

上手側袖の前を通ります。

1005

右に見えます

黒い部分が

ステージドアです。

演奏者は

私の合図で

下手側のドアから入り

演奏が終わると

こちら上手側のドアから引きます。

ドアの上にはステージモニターがあり

テーブルにはインターホンがあります。

ドアをひとつくぐると

1006

明るい

廊下に

出ます。

この廊下は、

ガラスを上手く使ったデザインで

左に庭が眺められ

右に、1Fからの階段が見えます。

私は、ここで「光」をもらって

元気になります。

更に進むと

.

1007

交差点

があり

右へ行くと

客席へ

真っ直ぐ行くと

楽屋や

備品庫へ

つづきます。

.

1008

楽屋と

備品庫の

ドアが

見えますね。

♪モーツァルト

♪フルートカルテット

♪1番

いま、丁度ステージリハやっていて

モニターで流れてきます。

.

1009_2

控え室の入り口です

こちらは

男性用の入り口。

明日は

このドアを開けたところに

季節の弁当とお茶が

用意されるそうです。

「美味そう~!」

さらに進んで右折したところ

10102

こんな風に

ラウンジになっています。

合唱団の

皆さんは

こちらを

集合場所として

利用されている

ようです。

つきあたりを

左折すると

1011

アトリエの

入り口ドアが

見えてきます。

頑丈そうですね。

このあたりは

カーペットなので

私が引いている

キャスターが

静かです。

ドアの正面に

1012

到着!

すごいドア

開けてみましょうか?

ええ

っと・・・

ノブを

こちらに回し

ヨイショ

おお

もう一つドアが。

1013.

しかも

ここで

スリッパに

履き替える

みたいです。

.

.

.

1014

皆さんも

履き替えて

くださいね。

.

.

.

.

.

それじゃ

中入りましょうか。

101

結構

広いです。

ピアノがあります

左手の

黒い暗幕を

開けると

全面が

鏡なんですよ。

これで

ツアー終わりです。

どうでしょうか?

少しは、ホールに居る感じがしましたか?

.

”共通体験”が出来た気がしませんか?

これ、とても大事なことなんです。

.

.

●色々な色

前日の準備で一番大事な事は、参加される方々の「色」を掴んでおく事です。

今回は、諏訪・茅野地区、京阪地区、名古屋地区、関東地区から、

愛する楽器を持って参加されています。

もともと音楽関係の方々は、ご自分のしっかりした価値観をお持ちのうえ、

お住まいの地域の違いなどから、習慣や感覚が微妙に違っています。

大きな違いではないので互いに認識していない事が多いです。

音楽は、こうゆう内面部分が音の表情として出るので

互いに解りあっていると、演奏に一体感が備わり、深みと迫力が出てきます。

何とも言えない引きずり込まれるような、あの背筋がゾクゾクする思い・・・。

♪♪♪

「色」の扱いはいろいろな考え方がありますが

無理に混ぜ合わせたり塗り替えたりするのでなく、

自然に染まりあい主張する所は主張して

紫陽花(アジサイ)の様に

紅水黄白が溢れんばかりに

咲き誇りたいものですね~!

.

毎回、

そう願ってやっております。

.

.

.

●前日練習

 現在すでに練習が始まっています。

 参加者のみなさんは、到着時間がそれぞれ違いますので

 私は、練習予定表を見ながら、会場で、声をかけて

 必要な事前打ち合わせを行います。

 予定が急に変更になっていたりして

 多少、スリリングですが・・・・

●散策

 空いた時間は周囲を散策します。

 明日聴きに来ていただくお客様は、こういう日常をおくられているんだな・・

 と街の雰囲気を掴んでおくのが狙い(!?)・・・といいつつ

 美味しいものを物色しているだけかも~(笑

 

●合宿のような夜

 今夜の宿は、いつものとうりG-CLEFです。

     http://homepage1.nifty.com/bhg-clef/

 

 温かいお風呂で汗を流して

 ワインで乾杯後は

 美味しいディナー

 自己紹介しながら雑談など・・・

 すると、なんだか、ノートを破ったような紙がブラキチさんからまわってきました。

  デザートを待つ間に

 みなさん、それに、何か書き込んでいます。

 私も「ハイドン、ロンドントリオ」と書いてまわしました。

 そうなんです、

 これから即席での「演奏会」が始まります。

 即席ですので、まずメンバーを募ります。

 私はヴァイオリンをまこちんさんに、チェロをブラキチさんにお願いしました。

  (フルート歴2年の初心者ですが・・・汗)

 

 演奏もぶっつけ本番。

 従って、色々ハプニングもありますが

 そういうやりとりで

 言葉で語るのの何倍も深く語れている気がします。

 ちなみに、私の家内は、この私の演奏を"感激"して聴いたそうです。

 自宅では練習がピーピーと"騒音"に感じていたみたいですが

 「ちゃんと綺麗にハモってたね~」と褒められました。

 そればかりか

 子供たちにも、「お父さんはね・・・」と話をしてくれていて

 おいおい、そんなに褒めるなよ、照れくさいじやないか(笑)

 それ以来自宅練習にも協力的です。

  こういうやりとりが何組かあるので、

  本当に楽しい「演奏会」になります。

 あれ?  カシスのアイスは??

 

●朝の合唱

 朝は小鳥たちの合唱で目が覚めます。

 G-CLEFは森の中。

 カッコーがいたりします。

 こういう空気の中でのトーストとコーヒー

 最高に美味しいと思います。

 奥様手作りのジャムがあったり・・・

 

●ホールのゲート前

 9時のオープンより少し前に来ています。

 ステマネの補佐として地元の方お二人にお願いしていますので

 まずその方たちと話をする必要がありまして・・・

 あっ、黒い服装見っけ!

 (・・・・打ち合わせ中・・・・)

 

●お弁当

 ・・・ふう~(汗

 書き込めなくてごめんなさい。

 でも今年は、お弁当を食べる時間が取れました。

 例年だと、私と、

 蕎麦を食べに行こうと、誘い出した

 家内と回しているので

 なかなか余裕がありませんでした。

 今年は、地元のステマネ補佐の方に助けて頂いて

 ここまで、スムーズです。

 

●いよいよ本番、まずは第一部

 すでに会場されてお客さんが入り始めています。

 しばらく電源切りますね。

 おっと、進行表は次のとうりです。

 全体が三部構成です。

 最後まで聴いていただけるでしょうか?

 

Timetable_2

●続いて第二部

  ・・・・ふう~。

  ただ今休憩時間です。第一部素敵でしたね~!

    特に、・・

  はい、「下手袖」です

  (インターホン連絡が入りましたので後ほど)

●いよいよ第三部

 第二部も紹介したいことが色々ありましたが

 ごめんなさい、時間なくて(汗

 これから本日の出演者全員に地元の合唱団を加えた演目です。

 ステージの大がかりな模様替えがありますので、後ほど~!

 

●拍手・・・・

   ・・・・・・・ すべて終了、熱気でいっぱいですね~!!

   今年も素敵な演奏会になって良かった、良かった・・

  あとは、ホールのレストラン「アンダンテ」で打ち上げです。

  家内と約束している蕎麦、どうしましょうか?

     今年も無しかな・・・??

●終わりに

同じステージで練習し、

美味しい料理を一緒に食べ、

「演奏会」と称してそれぞれ演奏を披露し、

ゆったりと朝食とり

互いの本番を聴き・・・・

このような”共通の体験”は、

私たちを紫陽花(アジサイ)に一歩近づかせてくれるようです。

どうでしょうか、この写真、

まるで印象派の絵画のようですね・・・・。

Men01_25_

|

« ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景> | トップページ | ピアノ入り室内公開レッスン速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景>:

« ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景> | トップページ | ピアノ入り室内公開レッスン速報 »