« レクチャーコンサート2016開催報告 | トップページ | ライヴ・イマジン36 無事終了 »

2017年1月17日 (火)

レクチャーコンサート2017ご案内

423日(日)に田崎瑞博氏を講師として開催します。2017年度は春と秋の2回開催予定です。ふるってご参加下さい。

エイパ室内楽レクチャーコンサート2017

「弦楽四重奏におけるソナタ形式の演奏法」

日時:423日(日) 13:00開演、16:00終演予定

会場:サロンフェリーチェ (東急目黒線洗足駅より徒歩3分) http://salonfelice-senzoku.com/

 全席自由500

聴講ご希望の方は、整理券を発行しますので、エイパ事務局 info@apa-music.org 宛てに、氏名、住所またはメールアドレス、枚数をご連絡ください。  

 

講師:田崎瑞博氏 TASAKI Mizuhiro

東京芸術大学卒。「タブラトゥーラ」ではフィーデル、「古典四重奏団」ではチェロ、「音楽三昧」では編曲とヴィオラを担当。「古典四重奏団」として村松賞、文化庁芸術祭大賞、同優秀賞、東燃ゼネラル音楽賞奨励賞(旧モービル音楽賞)を各受賞、ドイツ公演。「音楽三昧」としてアメリカ公演、「サライ大賞」受賞。CD多数リリース。

演奏曲:

・モーツァルト 弦楽四重奏曲 17 変ロ長調 「狩」 K.458

・ハイドン 弦楽四重奏曲 77 ハ長調 「皇帝」 Op.76 No.2

・ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 3 ニ長調 Op.18 No.3

レクチャー内容:

エイパ会員から成る3チームが出演。持ち時間は各50分。第1楽章の通し演奏に続き、レクチャーおよび公開レッスン、最後にもう一度通しをそれぞれのチームで行う。

田崎講師からのメッセージ:

古典派、ロマン派から近代に至るまで、交響曲でも協奏曲でも絶対に避けられない「ソナタ形式」。弦楽四重奏曲においてもその形態の根幹となっています。ソナタ形式を制するものはクァルテットを制す。さあ、四人で力を合わせて、ソナタ形式の音脈に挑みましょう!!

170423

 

 

|

« レクチャーコンサート2016開催報告 | トップページ | ライヴ・イマジン36 無事終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクチャーコンサート2017ご案内:

« レクチャーコンサート2016開催報告 | トップページ | ライヴ・イマジン36 無事終了 »