2011年11月 3日 (木)

安曇野紀行

私のフルートの故郷に行ってきました。

ああ、こういう中で創られた音色なんだ〜と感激(^^)、

その様子を紀行文風に書いてみました。


by Tanaka@神奈川

Dsc04964


続きを読む "安曇野紀行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景>

A002_2ただ今ランチ中です

美味しそうな

オムライスでしょ?

茅野駅で、

『食ベログ』

使って検索すると、

 ”半径500メートル以内に五つ星のレストラン”

よし行って見よう・・・

と美味しいものに誘われて入ったのが、ここレストラン「アンダンテ」

Photo001pn2_3

ただ美味しいだけでなく景色も美しい・・・・・あれ?

どこかで見た風景ですね。

「美味しい」話も、良い音楽には大事だな、と感じてまして・・・・

(それとも単に食いしん坊 ? 笑)

さて、お腹が一杯になったところで、茅野市民館での二日間について書いてみます。

最後まで付き合ってくださいね~!!

Tanaka@神奈川県西部

.

続きを読む "ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <市民館風景>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景>

     090613_122436

実家の庭に  

若いカエデが

ありました。

よく知られているカエデとは

少し雰囲気の違う木・・    

今日の"音楽雑談"の舞台

茅野市民館の庭では、

沢山の"カエデ"たちが

美しい"新緑"のハーモニーで出迎えてくれます。

.

.

この木"ノルウエー・カエデ"と言うんですね。

.

.

今年で4回目を迎えた、APA bbs コンサート in 蓼科 について

裏方さんの目線(たぶん・・?)で、書いてみます。

(あくまで「個人の感想」です。公式にはこちらをご覧ください↓)

http://groups.yahoo.co.jp/group/apa-bbs/message/513

まずは準備の様子から・・・・・・

  Tanaka@神奈川県西部

.

.

続きを読む "ノルウエー・カエデのある庭~茅野市民館~ <準備風景>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

速度・強弱記号の本来の意味

Allegroforteといった多くの記号はイタリア語ですが、語源から言えば、早さや強さには直接関係のないものが多いそうです。今月終了したラジオイタリア語講座(講師はピアニストの関孝弘)で取り上げられた用語をご紹介します。

by nagata

続きを読む "速度・強弱記号の本来の意味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

懐かしのフルート2

仕事を終えて宿に帰ると、新しい「同居人」が待っています。私が確保している宿には、白木調のテーブルがあり、同居人はそこに横たわっている・・・。ノブを押してケースをそっと開けてやると、あ~素晴らしい事よ! まぶしいくらい白い輝きが現れます。 見ているだけで今日一日の疲れがどこかへいってしまいます。指で触れると、これがまた心地よい! ツルンとした感触と独特の温かみ(金属なのに冷たくないのですよ)。 息を吹き込むと、部屋中に柔らかい音符が飛び交います。

by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "懐かしのフルート2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

メンデルスゾーンのオクテット

第一生命ホールの企画で、週末毎に3日間、2週間にわたる6日間でカルテットの歴史をたどるボロメーオカルテットの演奏会を堪能した。昨日最終日は、ゲストカルテットのエクセルシオが加わってメンデルスゾーンのオクテット。先週末にエクセルシオの吉田さんと大友さんが加わった「フィレンツェの思い出」が、幸松さんいわく歴史に残る名演だったので、このオクテットも楽しみにしていたが、まさに期待通り、特にその並び方が「目から鱗」だった。

by nagata

続きを読む "メンデルスゾーンのオクテット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

懐かしのフルート

ただいま新幹線で、あるところに向かっています。
今朝ある楽器屋さんのHPを見ていたら、フルートの現物が試奏できるとか

そもそもこの騒ぎ、娘がハープを始めたのがきっかけです。ご存知のとうり、ハープといえばフルートと大変相性が良い楽器です。昨年書いた小品集にも、この組み合わせのものがあり、それを思い出して自分でも吹きたくなりました。確か、20年くらい前に知人が1本置いていったことが有りました。その知人、「何か楽器ができたらいいなと思って、買ってみたが、全く吹けなかったので君が活用できるなら差し上げるよ」と言ってました。当時は吹けない事情があって、そのまま棚にしまっておきました。発掘して吹いた見たのですが・・・・・

by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "懐かしのフルート"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

再会

 もう随分以前の事、私が中学に入学する前の春休みに、町の電気屋さんで、入学祝いにと言って、Nationalのラジオ付カセットレコーダーを買ってもらいました。嬉しくて、帰ったら、直ぐに箱を開け、ラジオのスイッチを入れてみました。チューニングツマミを回していくと、同調メーターが大きく振れるところがあって、音楽が流れてきました。弦楽器の曲です。少しおとなしい、しかし、暖かい、ヴァイオリンとかビオラとかの歌声でした。秋の落ち葉がぎっしり落ちた森の中に紅葉している楓があって、昼下がりの太陽が差し込んでいる・・・こんな雰囲気のこの曲、何と言う曲だろう・・・と聴きいっていると、

by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "再会"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

声楽と弦楽のコラボ

声楽(Soprano)のK林さんから、楽譜(Sop+Pf)を幾つか送って頂きましたので、Pf部分を弦楽四重奏に因数分解してみました。

東横線例会に参加ご希望という事でトリオ以上の声楽曲を探して頂いたのですがなかなか無いですね。発想を変えて、希望されている曲(ピアノ版;元譜はオペラなど)を”逆翻訳”する事にしました。やってみると、美しい曲ばかりで、ついはまってしまって・・・・・

by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "声楽と弦楽のコラボ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

金星と土星

皆さん、すっかりご無沙汰しました。 

今年の夏は、色々なところに出向く機会が多くて、ネットワークに安定接続する事が難しかったですね。9月には静岡県西部に引越。そうこうしているうちに、もう晩秋です。

昨日、東横線例会で、ヴァイオリンの○谷川さんにお会いし、7月のはじめに、「夕方真西の空に金星と土星がぴったり近くに並んでました。」と曲の題材をプレゼントして頂いたのを思い出しました・・・・・            by Tanaka@静岡県西部

続きを読む "金星と土星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)